<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認

最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。

 

貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。
生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。

貸事務所へ
http://new-of-search.jp/



<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認ブログ:2018年12月15日

あたくしはもともとある目的を持って、
二浪もして大学に入ったのですが、
人間関係やいろんなことに挫折して中退しました。

その目的のことしか取り組んでなかっただけに、
それを失ったあたくしは何もすることがなく、
ただ、仕事をしなければということだけで会社に入ります。

もともと自分に自信も持ってないし、
誇れるものも何もありません。
本当に人生に何も希望も持てない時間でした。

会社に行っても、
何の自信もない自分が女性に近づけるわけでもなく、
ただただ与えられた仕事をこなし、
家に帰って寝るだけの毎日…

そんな毎日を過しているあたくしに、
唯一心に感情を感じさせてくれたのが、唄でした。

毎日毎日、
好きなアーティストの唄を聴きながら過すうち、
かすかな気持ちが動き始めます。

あたくしもこんな唄を歌いたいなあ…
そんな気持ちに従うがまま、
押入れにしまいこんだギターを取り出し歌いはじめます。

そして、仕事を終えたあたくしは
家の部屋にこもって深夜まで唄をうたう毎日…

唄を歌っているときだけが、
自分が存在していると感じられる時間でした。

そのうち 
あたくしのギターの技術が歌いたい
唄についてこなくなります。

そしてあるギター教室に通いはじめます。
そこで出会った先生が、
そんなあたくしをすごく優しく迎えてくれました。

ある日、その先生があるライブハウスに連れて行ってくれました。
そこは普段、色んなアーティストが音楽を演奏していますが、
一週間に一度素人にその舞台を開放してくれます。
「飛び込みDAY」という名がついていましたが…

その舞台で唄を歌うのがあたくしの楽しみになりました。
全然カッコよくはないですが…
唯一自分を感じられる、自分を表現できる場所でした。