<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。

スマートハウスの詳細
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018年11月12日

みなさんは、腹筋運動をすると、
腹周りの脂肪がなくなって、
腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋運動を日々続けていると、腹筋がつくので、
確かに腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪として腹に残っているのです。

腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋運動は、
脂肪を燃焼させるための運動でもないんですよね。

脂肪燃焼に効果がある運動と言えば有酸素運動ですが、
腹筋運動は、この有酸素運動には属しません。

腹筋運動のようなすぐに終わってしまう運動では、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋運動しても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みで腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい肉体を手に入れることもできます。

また人間の肉体は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋運動を続けていれば、
腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。