<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。

スマートハウスの詳細
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018年02月08日

1週間くらい前、
古くからの友達がとても悩んでいることを知りました。

その友達は、特に誰に助けを求めるでもなく、
ただ一人で解決しようとしているようでした。

気になって友達のブログを覗いたところ、
友達は今は誰の手を借りることも望んでおらず、
ただ時間が過ぎ、気持ちが落ち着くことを待っている…
そんな内容が書かれていました。

でも、そんな状態だからこそ放っておけない。何かしたい。
でも、いたずらに友達に触れても傷つけてしまう…
友達の痛みにつながったのか、
俺の心は砕けそうなほど痛く、締め付けられました。

その時、自分にも、
そんな時期があったことを思い出しました。

確かにその時の俺は、
まさに、誰にも「触れて欲しくない」状態でした。

「辛かったね」と、
優しく抱きしめようと身体に触れられることも、
「大変だったね」と、話題に触れられることも、
「良く頑張ったね」という雰囲気を作って、その空気に触れさせられることも、
全てが嫌で拒絶を続けていました。

とにかく、
その辛さを他人と共有することができませんでした。

俺は心の中でなにが起こっているのか理解することもできず、
ただ他人との間に距離を作っていました。

俺の痛みに気づかない人、何が起こったのか知らない人、
俺よりもっと大きな痛みを抱えている人…
そんな人たちと一緒にいるのが楽でした。

俺の痛みに気づかないフリをして
食事に誘ってくれる友達には、その優しさを思い、
無理をして外出し、意味もなく笑顔を作りました。

「もう大丈夫よ」とみんなに言い、よく眠り、よく食べながら、
時々、思い出させるものに触れては勝手に涙があふれ、
行くあてのない怒りがこみ上げ、部屋から出ることが億劫になっていました。