<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018年12月05日

みなさまは
ホメオスタシス効果って知っていますか?

減量を始めると、
誰にでも
一時的に体重が減らないという停滞期が訪れてきます。

その停滞期の原因として考えられているのが、
ホメオスタシス効果と呼ばれるものです。

ホメオスタシス効果は
身体の危機管理システムのことで…

環境変化にともなって、
人間の身体は体温維持や血糖値の調節、浸透圧の調節など
さまざまな重要な身体の機能を
正常に保つことができる働きを持っています。
その働きのことをホメオスタシスと言うのです。

ホメオスタシスは
一ヶ月で5%以上の体重減少があると、
最大限に働き始めるといわれています。

ホメオスタシス現象では、
ご飯から得られるエネルギーの吸収率を
高める働きがあります。

また
吸収する栄養が不足した時に、
身体の中で消費するエネルギーを節約して
通常と同じ活動ができるようにします。

これらのことからホメオスタシス状態では、
ご飯量を減らしても
身体の中に吸収されるカロリーは以前と同じ!

またホメオスタシス状態のときに、
激しい運動などを行っても
消費カロリーが少なくなってしまうので、
減量効果も得られないということになります。

ホメオスタシス状態をできるだけ避ける為には、
一ヶ月に数キロも体重を落とすような
急激なダイエットはしないこと!

一ヶ月の体重の減少を
体重の5%以内に抑えることが
最大の停滞期対策となるようです。

減量を成功させる為には、
ホメオスタシス効果について
覚えておく必要がありますね。

減量の停滞期を上手に乗り切って、
理想のスタイルを手に入れましょう。

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が現実になる最新のレーシック