<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:2018年08月11日

今や減量ブーム。
その中でマスコミの情報は恐ろしいものです。

テレビで「減量特集」が放送されると、
次の日には、
大きな話題となって世の中に飛び出していきます。

その日を機会に、
ある本が飛ぶように売れたり、
スーパーからある食材だけが品切れ状態になったりします。

そして、
誰もが簡単に減量できるという
「錯覚」に陥ってしまいます。

確かに、
減量は簡単に始められます。

しかし、
食べる事を制限する方法や一定の食材での減量には、
恐ろしい結末が待っています。

昨日、テレビで
減量の悲劇が取り上げられていました。

キャリアウーマンのSさん(28)は仕事熱心。
仕事に集中していたため、好きな人もいませんでした。

ある時、
外資系のエリートサラリーマンとの合コンの話が持ち上がり、
それに向けて減量をスタートさせたのです。

減量内容は、
ライス、お肉は一切取らないで
サラダだけ食べるという過酷な方法でした。
それでも思うように痩せなかったSさんは、
海草類などの食材を24時間一食にするようになりました。

そんなある日、
首のあたりに小さな「しこり」があるのに気がつきました。
それから彼女に異変が起こり始めました。

朝方起きるとひどい頭痛に悩まされたり…
ふらつきや吐き気を感じ、
嘔吐することもあった…とか。

合コン後も
減量を続けたSさんは、
救急車で病院に運ばれました。

懸命な治療の甲斐なく、
28歳という若さで命を落としてしまいました。
彼女の病名は、結核性髄膜炎。

結核菌が感染し、
脳の髄幕が炎症を起こす疾患のことです。
彼女の場合、
偏った食べる事を続けたことが引き金になったんですね。

命と引き換えの減量…
恐ろしいですよね!
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢が現実になる最新のレーシック