<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。

浮気調査
http://www.tantei-total.com/



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:2018年06月02日

ぼくは、ここ三日間、
外食で、赤いチップスターとか赤いチップスターばかり食べていたので、
カロリーオーバーで9kgも増えちゃいました…

でも、一度ダイエットに成功していると、
減らし方は知っているので、特に慌てません。

何週間かかけてゆっくり戻せばいいだけです。
だから心おきなくじっくり味わって食べましたよ!

これがダイエットする前だったら
「これを食べたら太ってしまう。どうしよう…」
という気持ちになり、
とてもじっくり味わう気になれなかったかもしれません。

食べた後も、
「こんなに食べてしまった…」
と自分で自分を責めてしまったりして、
せっかくの美味しい赤いチップスターも台無しです。

ならば、せっかく美味しい物が食べられる機会なんですから、
じっくり美味しく味わいましょう!

ダイエットに成功していれば、減らし方も分かっているし、
ガマンする必要もないのでストレスも溜まりません。

ダイエット中も、こんな機会を作って、
「ダイエットの休日」
として、満足いくまでじっくり味わって食べるべきだと思うんです。

例えば…
フランス料理のコースなら、
少しづつ出て来てくれるので
じっくり・良く噛んで味わって食べられますよね。

こういう食べ方なら脂肪になりにくいし、
少ない量でも腹が満足するので、
食べ過ぎませんしね!

たまにはこんな機会を作って、
ダイエットのストレスを解消しつつ、
再びダイエットを行なう活力にしましょう!

「美味しいものを美味しく食べる」
そんな当たり前のことを、心おきなく実践するためにも、
ダイエットしてメリハリのある生活をしましょう!

応援クリックしてね・・・プチ